10期生卒団式

F.C.Toyoakeを次のステージへと押し上げてくれた最強の10期生。
コロナウィルスの影響で心配されましたが。

3月20日(金)卒団式を行う事が出来ました。
笑いあり涙あり。
この卒団式で10期生の強さの秘訣を再確認しました。

10期生は17名。
3年間誰一人欠ける事無く切磋琢磨してくれました。

私達もついつい忘れてしまいがちですが。
私達が行っているサッカーは当たり前ですがチームスポーツなのです。
10期生が最強と成り得たのは。
この当たり前を当たり前として普通に行ってきたからだと。
17名いれば。
試合に出場出来る、出来ない。
そんな事もでてくるのですが。
試合に出場していない選手達もベンチから本気で出場している選手達を応援し。
試合に出場している選手達もベンチから応援してくれる選手達の気持ちを背負い。
彼らの公式戦は得点を取った選手がベンチへ駆け寄ってくるシーンが多々ありました。

10期生の特徴は勝負強さ。
ロスタイムで何度も奇跡をおこしてきました。
自分のためだけでは出せる力がしれています。
仲間のためにと思った瞬間、自分では考えられないような力を発揮するのです。

この当たり前を当たり前として普通に行ってきたからなのです。

そして温かい保護者様
我が子だけではなくチームすべての選手達を全ての保護者様が同じように応援し。
保護者様も選手達の頑張りを楽しみながら見守り。
保護者様も皆で楽しむ。この皆でが大きなポイントであり重要な要因なのです。
選手達はよく大人をみています。
いくら口でチームワークを唱えても、保護者様の関係が良好でなければ伝わりません。
選手達が当たり前を当たり前として普通に行えたのは。普通にがポイントです。
保護者様も当たり前を当たり前として普通にチームだったからです。

上手さは努力で成し得る事が可能だと思っています。
強さ、特に勝負強さは全ての要因が重ならなければ成し得る事が出来ません。

10期生は直向きな努力で上手さを掴み。
選手達だけでは無く保護者様も含めチームワークを感じ。
自分だけでは無く、仲間のために、応援してくれる保護者様のために。
人のために頑張る力を覚え。
技術や戦術だけでは無い、勝負強さを掴めたのだと。

だからこそセレクションして優れた選手を集めなくても。
Toyoakeでサッカーしたいと集まった17名で。
愛知県のベスト16までたどり着けたのではないかと。

20200321_161921

素晴らしい記念品を頂きました。
事務所に飾ります。
このパネルを毎日眺めながら初心を忘れず1歩づつ前に進みたいと思います。

私達スタッフ一同は。
皆が何時でも帰ってきて。
後輩の頑張る姿を見て、自分も頑張るエネルギーを感じられるような。
そんな場所であり続けるために。
必ずF.C.Toyoakeを継続していきます。
高校サッカーに従事しても。
君達は誇らしいF.C.ToyoakeのOBです。
何時でも帰ってきてください!
遊びに来てください!

そんな君たちに常に背中を見せられるように。
私も一歩づつ前に進み、常に前進していきます。

そして本気で目標に向かい。
切磋琢磨した仲間だからこそ。

お金では絶対に買えない。
かけがえのない豊かな人生を味わえるのです。

 

 

2019年度終了ありがとうございました。

当クラブだけですが。
3月19日(木)をもって2019年度の活動を終了しました。

本来であれば3月20日(金)の強化遠征から2020年度の活動がスタートのはずでしたが。
3月からのコロナウィルスの影響にて遠征は全て中止。
週末活動の自粛等々。

19年度の3月は今までにない経験となりました。
全ての方々にご理解、ご協力いただきありがとうございました。
満足いく活動とはいきませんでしたが。
何とか乗り切ることが出来たという感じです。

年度が切り替わる時は別れと出会いがありますが。
全ての皆様に感謝の気持ちを忘れずに20年度も今まで同様、前に進んでいきます。

2000年4月から始まった当クラブですが。
2020年となり21年目のシーズンが始まります。
20年間少しづつですが前に進んできました。
25歳で観ていた景色と46歳になり観えた景色はやはり違います。
20年間の少しづつの歩みは一つの道になり経験という形に変わりました。
そしてこの経験が間違いなく自分たちの強さ逞しさになりました。

私なりにこのような経験を踏まえ。
思うようにならない。
上手くいかない。
苦しい、辛い。
色々な場面があると思います。逆に
思うようになる。
上手くいく。
楽しい、前向き。
そんな時もあります。

その時々、歩幅は違って当然ですが。
やはり前に進む事です。
シンプルですがこれが一番自分自身を成長させてくれるのです。

私なりに落ち込み、苦しかった時に
自分を鼓舞するためにTwitterに上げた言葉です。

過去を悔やむな。
にどと戻れない。

今を生きろ。
未来は変えられる。

健康に生きてさえいれば。
いくらでもいくつからでも挑戦できる。

全ての挑戦は必ず経験に変わる。

生きていると色々ありますよね。
でもだからこそ前に踏み出しましょう。

2019年度はありがとうございました。
2020年度もよろしくお願いします。

 

 

12月31日大晦日

毎年、毎年感じるのですが年末に。
早いな。と

クラブの活動は中学生の遠征を終えて29日(日)からお休みに入っていますが。
細々とやる事はありますので中々ゆっくりとはいかないのですが。

クラブとして少し1年を振返ると。

中学3年生がクラブ選手権でベスト16に進出しもう少しで東海大会の出場権をかける所までいきました。
私自身もスタジアムのベンチにいましたが何ともいえない感情がこみ上げてきました。
今でもその感覚ははっきりと覚えています。
大袈裟ですがこの数10年の事柄が走馬灯のように浮かんできて。
過去の選手達に何もしてあげられなかった悔しさと、ここまで牽引してくれた現在の選手達に感謝と。
やはり継続する事の重要性と意味を痛感しました。

中学1年生が2チームで活動になりました。
この経験も私達には初めてです。
色々な部分でご迷惑をおかけした部分もありますが。
私達なりに精一杯努力してきたつもりです。
この体制になったからこそ私達が考えるクラブとしての理念が明確になったと思っています。
何処でやっても、誰とやっても、勝っても、負けても、上手くいっても、上手くいかなくても。
昨日の自分より成長するために直向に努力を続ける事が最も大事である事。
やはり「継続は力なり」なのです。近道はありません。

勅使クラスが始めてリーグ戦に参加しました。
創設して4年目、1年生で入った選手達が4年生になりました。
最高学年が4年生ですが4年生の選手達が新たな勅使クラスの歴史を構築するべく、もがきながら前進しています。
この年代ではっきりわかることは練習が全てであると。
この年代に関わらず当り前の事柄に改めて気付きを覚えました。
試合は練習でやった事しか出来ません。
やはり成長するためには練習する=努力する。
これに勝る近道はありません。

落合クラスは毎日が切磋琢磨です。
20年前に「落合公園を赤で染める」なんて若気の至りでほえてましたが。
現在、現実のものとなり。
落合公園だけではなくキッズ年代は大原公園でトレーニングを行っています。
自分が生み出したはずのF.C.Toyoakeは色々な人の協力の手を借りて私の想像以上のF.C.Toyoake落合へとなっています。
これもまた不思議な感覚であり、ありがたい経験でもあります。
やはり感謝の気持ちは大事です。

2019年も残りわずか。
2020年もとてつもないスピードで過ぎさってしまうのか。
スピードが速く感じても自分がしてきた事は事実であり蓄積です。
経験に勝るものは無いと思いますので。
大事な事は言い訳せず、逃げず、直向に事柄に向き合う事だと。
上手くいく、上手くいかないは世の中ですから必ずあります。
ただどちらも経験に変える為には私達の関わる姿勢にあると感じています。

2019年関わった全ての方々に大変お世話になりました。
2020年関わるだろう全ての方々に来年も宜しくお願いします。

それでは良いお年を!!
しばし飲みあかします!!!

2020年度新中学1年生体験トレーニングについて

2019年 11月より 来年度中学1年生の体験トレーニングを開始します。

基本的には火、水、木曜日 19:00~21:00 星城高校第2人工芝グランドになります。

申込みに関しましては必ずメールにて下記内容を書込み申込みください。fctoyoake@yahoo.co.jp(ホームページの問い合わせからも大丈夫です)

★名前

★住所

★保護者様の携帯番号

★所属チーム名

★ポジション

電話での問合せは都合により出られない場合があります。ご理解ください。
体験トレーニングの申込みは必ずメールにて宜しくお願いします。
メールにて申込み頂きました方には必ずこちらから返信させて頂きます。
何かの手違いで返信が無い場合は電話にてお問合せください。

当クラブはセレクションは行いません。
2020年度は1月15日から入会受付をスタートさせて頂きます。

12月初旬には中学生クラスの説明会も行う予定です。
体験参加頂いた方にはクラブよりアナウンスさせて頂きます。

私達と共に新たな歴史を構築して行きましょう!!
今後ともよろしくお願いします。

F.C.Toyoake代表理事 伊藤達也

 

 

新たな挑戦

ものすごく久しぶりに投稿します。
非常にハードな夏休みも事故も怪我も無く順調な強化が出来たと思います。
暑い夏休みも乗り切り全ての関係者様に感謝申し上げます。

さて前置きとして。
今日はちょっと長くなりますので。
お付き合い頂ければ幸いです。

ジュニアユースクラスが長く苦しい時期が続いた事は皆様ご存知だと思います。
そんな頃から考えれば夢のような話ですが。
私達は新たな挑戦としてU-13リーグ戦に2チーム登録で出場します。

ただし、1チームは1部リーグ、もう1チームは3部リーグでの戦いになります。
今まで経験した事の無い事象がたくさん出てくるのは覚悟のうえです。
私なりの考えを書き記します。

さて私も数十年前は選手でした。
誰しもがレベルの高いリーグでプレーする事を考えます。
私もそうでした。
現状の中学1年生もそうだと思いますしそうであるべきです。

皆そこにむかい努力をします。
ただしそこには登録人数という制限があります。
ただしゲームの出場機会を考えてもリーグは分かれてしまうが2チーム出場する方がチーム全体のレベル、全選手の経験値は上がると確信しています。

結論からもうしますと。
今日、U-13リーグ戦が1部も3部も開幕しました。
複雑な気持ちをかかえている選手達も晴れやかな気持ちで望んでいる選手も。
全て今回の選択を受け入れて自分が所属したチームのために目一杯戦いました。

ここからは私個人の感想です。
私は3部リーグ出場チームを引率しました。
ゲームの内容でいえば7割強相手に支配される苦しい展開です。
自陣ゴール前での攻防が多くあわやというシーンがたくさんありましたが。
最後の最後までチームのために体を張るシーンは感動すら覚えました。
皆チームのために献身的にプレーし勝利をもぎとりました。
時に上手さより強さより気持ちが上回り勝利する事もあるのだなと。
時に華麗さより派手さより、無骨で直向な姿勢に観いってしまうと。
でもこの中の選手達は一度悔しい思いをしているはずです。
「やってられない」という気持ちが少しはあっても不思議ではないです。
でもそこを切替、腹を括りチーム一丸でのぞんだように思います。
これって凄く大事な事です。

私はサッカーと出会い人生が少し豊になりました。
ベンチでだったりスタメンだったり。
叱られたり褒められたり。
納得いかない事があり納得いく事があり。
評価されなかったり評価されたり。

自分の人生を省みたときに。
思うような評価を受ける事の方が少なく悔しい思いも何度もありました。
チームを設立してからもです。
悔しい苦しい思いは何度もしました。
ただしその部分としっかり向き合い直向に努力を重ねれば変えらる事も経験しました。

このようなたくさんの甘く苦い経験が
私はサッカーと出会い少し人生が豊になれた要因だと思います。

だからこそ全選手にいいたいのは。
自分と向き合い直向に努力を重ねる事で必ず少し豊な人生になれると。
何処でやっても誰とやっても直向に努力する事。
今、苦しい辛い事も必ず人生のプラスになる事。

サッカーを学ぶのではなく、サッカーで学ぶのです。
私達の熱い新たな挑戦は続きます。

サッカーで少し豊な人生になりましょう。
ゴールはまだまだ先にあります。
私もまだまだもっともっと少し豊な人生に成り得るように直向に逃げずに努力をします。

少し豊な人生 この言葉好きです。この言葉目指してます。

 

 

*